Okayama City  岡山市


The foundation of Okayama City as a modern-day city were established between about the 16th and 17th centuries. Okayama Castle was completed in 1957, and since then Okayama City has continued to develop both ecomically and culturally as a castle town.


Even after suffering the ravages of war in 1945, Okayama City continued to develop as a city. A shinkansen (bullet train) line opened up in 1972, and in 1988 both Okayama Airport and Great Seto Bridge, which links Shikoku and Honshu together, opened. As these and other developements indicate, the city took on a role as a nodal point in the regional transportation network.


今日の都市としての岡山市の基盤は、16世紀から17世紀の間に作られました。岡山城は、1597年に完成し、それ以来、岡山市は城下町として経済的にも文化的にも発展し続けています。

1945年の戦争の破壊に苦しんだ後でさえも、岡山市は都市として成長し続けています。新幹線が1972年に開通し、1988年には岡山空港の開港と四国と本州を結ぶ瀬戸大橋が開通しました。これらの交通事情とその他の開発が示すように、岡山市は地方交通網の接点としての役割を担いました。


Okayama Convention Center  岡山コンベンションセンター


Event Hall, Level 1

14-1 Ekimoto-machi, Kita-ku

Okayama 700-0024

Japan


Okayama Convention Center is situated in the center of western Japan's transportation network; a comprehensive convention complex, combining numerous convention facilities that include two large halls, several medium-sized halls and numerous conference rooms.


Okayama Convention Center is conveniently located 30 minutes from Okayama Airport, which provides regular flights to other Asian hub cities, and we are a five minute walk from JR Okayama Station, a major nexus in the railway network of western Japan. Okayamam Prefecture, where the Center is located, is also recommended as a fascinating tourist destination.


イベントホール1F

岡山コンベンションセンターは、西日本交通網の中心に位置し、2つの大ホールといくつかの中ホール、そして多くの会議室を含むコンベンション施設を持ち合わせる総合的コンベンションセンターです。

岡山コンベンションセンターは、他のアジアの主要都市に定期便が飛ぶ岡山空港から30分の便利な位置にあります。そして、西日本の鉄道ネットワークの主要な線を結ぶJR岡山駅から徒歩5分です。このコンベンションセンターの位置する岡山県は、魅力的な観光地としてもお勧めです。